「スモーキー・メディスンは解散するんで、新しいバンドをやりたい。一緒にどう?」という鳴瀬の誘いで組んだの
が、金子マリとバックスバニーというバンドでした。その前に松崎しげると一緒にやったりもしましたが、レコードを
はじめて出したバックスバニーが事実上のプロデビューということになります。大学4年の最後の試験のとき、ちょう
どCBSソニーでバックスバニーのレコーディングをしていたのですが、そのまま就職をせずミュージシャンになって
しまったわけなのです。

 バックスバニーでは、ライブを含めてアルバムを3枚出しました。最初のアルバムはCD化されていませんが、「ラ
イブ」と「シュート・ザ・ムーン」というアルバムは今、CDになっていますから、そこで当時の僕のプレイが聴ける
と思います。

 途中からドラムが、元イエローのジョニー吉長(その後チャーとジョニー・ルイス&チャー、ピンク・クラウドを結
成)になりました。最近ジョニーは、テレビ・ドラマに出ていい味を出していますね。「バックスバニー」を3年ぐら
いやり、その後フリーになりました。

 フリーのミュージシャンとしてのセッションと並行して、ソロ活動やバンドもやりつつ今日に至る―というわけで
す。