アマチュア時代

 グループ・サウンズを聴いたときは「わぁ、こんなものがあるんだ…。」とびっくりしました。そしていきなり、サ
イケデリック、ニューロック、アートロック、プログレ…とロックに走ってしまったわけです。悪友が「バンドやろう
や」ということで、高校1年のときにアマチュアのバンドを組んだのが始まりでした。神田の古本屋、古レコード屋や
楽器店に出入りするオタクでした。

 当時、最先端の音楽というと、ディープ・パープルや、レッド・ツェッペリンの1枚目が出たりしていた頃でしたか
ら(年齢がバレますが…)、バンドでやっていたコピーもバニラ・ファッジとかジェスロ・タルとか、フランク・ザッ
パのマザーズ・オブ・インヴェンションとか、マウンテン、ザ・バンドとか…。当時のロックファンでも、相当な通で
ないと知らないような音楽をやって得意になっていました。そしてまた、ジャズ、ボサノバ、ソウル系を聴き出したの
もこの頃です。今でいうフュージョン系のバンドと、ロック系のバンドを2つ掛け持ちで、大学時代までずっと続けて
いました。

 勉強そっちのけでバンドをやっていた大学時代には、ヤマハの人から「君、うまいからキーボード・プレイヤーにな
らないか?」と誘われたり、また大村憲司や村上“ポンタ”秀一などがバックをやっていた赤い鳥という、フォークバン
ドなのに間奏でいきなり4ビートになったりするちょっと変わったバンドでキーボードを捜しているから、と誘われた
りしました。でも、大学時代はサラリーマンになるつもりだったので、はっきりした返事をしないまま時が過ぎていき
ました。そのうちに、今でも活躍している笹塚の“ジョージ”という、とても変わったPAの人に「いいねぇ」といわ
その後その人のところに出入りするようになったのです。そこには、シュガーベイブの頃の山下達郎や、山下洋輔
などの音楽事務所がありました。その後、下北沢に金子マリというすごい女性ヴォーカルがいて、ギタリストのCha
rとスモーキー・メディスンというバンドをやっていると聞きました。偶然、僕は学園祭のステージでEL&Pなどを
やっているときに、当時デビューしたばかりのアイドル太田裕美のバックで、金子マリと、今カシオペアのベーシスト
の鳴瀬喜博、ギタリストの中島正雄(今はビーイングの社長になってしまいましたが…)などがやってきたのです。そ
こで僕は、鳴瀬に声をかけられたのです。