難波弘之&SENSE OF WONDERのあゆみ
HIROYUKI NAMBA.

 
難波弘之&SENSE OF WONDERのあゆみ

 フリーになってから、色々な人とやっているうちに、やっぱりまたバンドがやりたくなって
組んだのが、SENSE OF WONDERです。大学時代に“愛の3色すみれ”というバンドを
組んでいたのですが、キーボード/ベース/ドラムのトリオで、ギターやボーカルなしで
キーボードだけがひたすら目立つように仕組んだのです。
これが今のSENSE OF WONDERの原型ですね。

HOME | SENSE OF WONDER | 難波弘之&SENSE OF WONDERのあゆみ

更新日 2016-02-02 | 作成日 2016-02-02

◆難波弘之&SENSE OF WONDERのあゆみ◆
1979
 難波弘之ファースト・ソロ・アルバム「センス・オブ・ワンダー」(キング)リリース。
  ジャケット /手塚治虫。ライナー・ノート/中島梓。
  1曲ずつ愛するSF作品とその作家に捧げたコンセプトアルバム。
  (たとえばA面1曲目は「アルジャーノンに花束を」であった)自作曲の他、吉田美奈子( 詩)
  山下達郎(曲)コンビによる「夏への扉」「いちご色の窓」、三枝成彰(曲)の「ソラリスの
  陽のもとに」なども収録。この段階ではまだSENSE OF WONDERは結成されておらず、
 レコーディング・メンバーはそうる透・村上“ポンタ”秀一(Ds)、小原礼(Bass),北島健二
  山岸潤史(G)、織田哲郎(ゲストVo)などで、“友人のミュージシャンとのセッション”
  といった色が強い。(1994年にCD化)
1980
 秋にそうる透、田辺モット(Bass)とSENSE OF WONDERを結成。
  マック・スタジ オで「パーマー・エルドリッチの3つの聖痕」パート1~3のリハーサルを行なう。
1981
 山下達郎の誘いで、彼が作ったRVC(現BMGビクター)のAIRレーベルより、
  セカンド・ソロ ・アルバム「パーティ・トゥナイト」をリリース。ディヴ・グリーンスレイド(exコロシアム、
  グリーンスレイドのKb)が画家パトリック・ウッドローフと組んで作ったストーリー+画集+2枚組
 LPの「ドラゴンズ・ワールド」にヒントを得て、自作の小説と、スタジオぬえの、当時新進画家だ
 った佐藤道明のイラストによるカラー・ブックレット付き、というLPだった。レコーディングは
  SENSE OF WONDERの2人の他、まだ青山純(Ds)、伊藤広規(Bass)、北島健二(G)
  らが参加していた。新宿アルタで初ライブ。ライブ・ハウス・ツアーも始まる。
1982
 サード・アルバム「飛行船の上のシンセサイザー弾き」をRVCより発表。同時に同題・同ジャケッ
 ト(原田治)によるSF短篇集を文化出版局より出版。ストーリーに沿ったトータル・アルバムで、
 全曲SENSE OF WONDERが演奏。ゲストに北島健二、小川銀次(クロスウインド)、佐
 久間正英(ex四人囃子、プラスティックス)が参加。以上2枚のサウンド・プロデューサーは山下
 達郎。池袋西部スタジオ200、新宿ルイードなどでライブ。シャープのAVシステム「KEY S
 TATION」のCM出演。同タイトルのシングルをリリース。
 田辺モットが脱退、メッケン(Bass)が加入。六本木ピットイン、シルバー・エレファントなど
 に出演。
1983
 難波弘之、FM東京(現TOKYO FM)「ザ・ミュージック」のDJを始める。ダンスものの1
 2インチシングル「Who Done It?」を発表。ヴォーカルはジョン・スタンレー。コンピ
 ュータ・グラフィックスを使用したビデオ・クリップを製作。メッケンが脱退。厚見麗(現:玲衣)
 がシンセ・ベースで加入。その後Bass、Voの小室和之が加わり、4人編成となる。
1984
 徳間ジャパンよりシンフォニックなイメージ・アルバム「真幻魔大戦」をリリース。そうる透、厚見
 麗の曲を含む4人編成のSENSE OF WONDER名義唯一のアルバム。厚見がVOW WO
 W加入のため脱退。再びトリオになり、キング・レコードよりイメージ・アルバム「グリーン・レク
 イエム」発表。小室、そうる透の曲を含むアコースティック~ニューエイジ系のアルバム。
1985
 4枚目のソロ・アルバム「ブルジョワジーの密かな愉しみ」発表。クラシックっぽいアルバムで、ド
 ビュッシーのピアノ曲をオーケストラに編曲した「アラベスク第1番」などを含み、ゲストに神崎愛
 (Fl)、渡辺香津美(G)、中西俊博(Vln)、溝口肇(Cello)などを迎えFM東京でス
 タジオ・ライブも収録する。NHK教育TV「ベスト・サウンド」の司会・講師を務め、SENSE
  OF WONDERもレギュラー出演。そうる透が脱退、元プリズムの鈴木徹(Ds)が加入。9
 月、日本青年館で初コンサート。
1986
 5枚目のソロ・アルバム「N氏の天球儀」リリース。初めてゲストなしの難波、小室、鈴木のメンバ
 ーだけによる演奏。過去の人から見た未来(つまり現在)というテーマで、森雪之丞が作詞からイン
 ストのタイトルまで担当。九段会館、大阪厚生年金ホールなどでコンサート。この頃からプログレ系
 イベントにたびたび出演。
1987
 SENSE OF WONDERとしてバンドで再デビュー。RVCより「シンフォビート」リリー
 ス。小室と2人で曲を作り、歌ものやコーラス・パートが増える。照明や演出に凝り始める。ドラム
 が小森啓資に交代。
1988
 セカンド・アルバム「アクアプラネット」をBMGビクターより発表。ベースの小室が脱退。冬のツ
 アーには元ナスカの坂井紀雄が参加。
1989
 ベースに根岸孝旨が加入。大谷令文(G)をゲストに迎えたライブなどを行なうが、累積赤字の増大
 により一時活動休止を余儀なくされる。
1991
 渋谷エッグマン10周年記念イベント、“プログレ・カヴァー・ナイト”に久々に3人揃って出演。
 京都のジャズクラブ/ラグの10周年記念イベントにも参加。
1992
 エッグマンで久々にライブ。秋には約10年ぶりにオリジナル・メンバーによるライブを
   渋谷ON AIRで行なう。ゲスト五十嵐久勝(元ノヴェラVo)
1993
 ドラムにそうる透が復帰。10月、エッグマンでライブ。
1994
 3月、ON AIR WESTで、織田哲郎をゲストにライブ。
 11月、エッグマンで五十嵐久勝をゲストにライブ。
1995
 日本音楽センターからキーボードの通信教育用の教則本とCDをリリース
 その名も「Synthe Of Wonder」で、演奏は全曲Sense Of Wonderが担当。
1997
 テイチクのトライクル・レコードからノヴェラの五十嵐久勝(Vo)とのユニット、
 ヌーヴォ・イミグラートのCD(同タイトル)をリリース。そうる透、根岸のほか、
 オリジナル・メンバーの田辺モットも作曲とベースで参加。
1998
 ベースがナイト・ホークスの松本慎二に交代。井上尭之(G)をゲストにライヴ。
2000
 徳間ジャパンコミュニケーションズより「真幻魔大戦」再発される。
 BMGファンハウスより、RVC/AIR~BMGビクター時代のソロ・アルバム4枚、SOWのアルバム
 2枚  が、リマスターのうえ再発される。
 "やったぜ!廃盤克服"ツアーを行う。
2001
 結成20周年記念2枚組ベスト盤「2001:A WONDER ODYSSEY」をBMGファンハウスより発売。
 (未発表曲やライブ・バージョン、初CD化音源なども含む)
 9月にTOKYO FM ホールにて、ゲストにMOTTO(田辺モット)、小室和幸、小森啓資、厚見玲衣
 といった歴代のメンバーを迎えて記念コンサートを行う。
2002
 ミニ・アルバムながら、13年ぶりに難波弘之&SOWとしての新譜「Earth Side」をクールコーポ
 レーションから発売。
 (入手方法はこちら
 これからも定期的にライブを行う予定。